薄毛と食生活に関係はあるのか

薄毛と食生活に関係はあるのか

薄毛と食生活に関係はあるのかというと関係あります。食生活によって体に取り込むことができる栄養が違ってきます。髪を丈夫に育てるためには健康な肉体も必要ですから、関係があると思っていたほうが良いです。
育毛を考えるのであれば、油っこいものはできるだけ控えたり、ビタミンやミネラルを積極的に摂ったり、良質なタンパク質を摂ったりすると良いです。
食事の内容はもちろん、食べ方も大切です。食べ過ぎはもちろん、食べなさすぎる小食も髪にとってはよくないからです。
育毛のためには血行を良くすることが必要です。頭皮への血行が悪いと栄養を毛根に届けにくくなるため、髪を育てにくくなります。食べ過ぎたりすると血行が悪くなるため、頭皮への血流も減って、髪の毛を育てにくくなります。食べ過ぎることによるドロドロ血液もよくありませんので、食べ過ぎは避けましょう。
小食もよくありません。血流そのものは良好になりますが、栄養不足になるからです。育毛のためには、ある程度の栄養を確保することが必要になります。もともと食が細かったり、ダイエットなどにより食事を控えている方は注意が必要です。
薄毛が気になるのなら、食生活を整えることも育毛になります。