薄毛とストレスに関係はあるのか

薄毛とストレスに関係はあるのか

ストレスと薄毛に対する関係として、自律神経が大きくかかわってきます。自律神経が異常を起こすと、さまざまな不具合を起こし、それが育毛を妨げる原因となります。
まず、血行は自律神経が制御しているため、血行が悪くなり、育毛のために必要な、栄養素を得るために、毛母細胞から、栄養を得ておりますが、血行が悪くなると十分な栄養分が毛母細胞に送られないことで、薄毛の原因となってしまいます。
育毛のためには、睡眠もとても大切なので、自律神経が乱れることで、不眠症になってしまう可能性があり、髪に必要な成長ホルモンが分泌され、髪が成長するための時間帯の午後10時から午前2時頃までに睡眠をとることが大切ですが、不眠症で成長ホルモンの分泌が滞ることで、薄毛が引き起こされてしまいます。
また、ストレスにより、内蔵機能を低下させ、髪に必要なたんぱく質の吸収率が悪くなることで、栄養が髪に十分に行き届かなくなるということがあります。
さらに、アドレナリンが過剰に分泌されることで、アドレナリンには活性酸素を急増させる作用があるため、頭皮の油汚れを過酸化脂質に変えて、放置すると炎症を起こす原因となり、毛根にダメージを与え育毛に悪い影響を与えてしまいます。
あまり気にしすぎなのもストレスになるため、気にしないようにし、適度な運動などで気分を紛らわせることも効果があります。