シャンプーに含まれているパラベンとは

シャンプーに含まれているパラベンとは

パラベンという物質は様々な製品に含まれている防腐剤の一種です。一般的にあまり良い印象のない防腐剤ですが、食べ物にも含まれていることもあるので、過度に摂取しない限りは必ずしも体に悪いというものではありません。育毛剤やシャンプーなどの化粧品にも使われていることがあり、高温多湿環境である日本では雑菌を抑える意味で有効な成分であると言えます。特にシャンプーや育毛剤などの化粧品は、封を開けてから使い切るまで一定の時間を要することから雑菌を防ぐ意味で必要不可欠な存在です。パラベンフリーという製品も中にはありますが、これは単にパラベンが含まれていないというだけで他の防腐剤成分が入っています。化学的にも毒性は少ないと言われているので、含まれていることに対する過度の心配は必要ないと言えます。ただ化粧水やシャンプーなどは直接肌に触れるものである為、肌の弱い人などには稀にアレルギーや皮膚障害を起こしてしまう場合があるので、その点は注意が必要です。確率的には1%未満の発生率ですが、使用している中で肌荒れやかゆみなどの自覚症状がある場合は、製品の使用を止めて異なる防腐剤を使用している製品に変更することが賢明です。