シャンプーに含まれている石油系界面活性剤とは

シャンプーに含まれている石油系界面活性剤とは

育毛について調べてみると、シャンプーに含まれる石油医系界面活性剤が良くないという情報がよく出てきます。
しかし、本当に育毛のことを理解するためには、具体的に石油医系界面活性剤とはどのようなもので、何故髪の毛を傷めるのかというところまで知らなければなりません。
石油医系界面活性剤というのは、洗浄力を作り出すために、石油から合成された成分のことを指します。
安価で生産することが出来、大量に製造しなければいけない市販のシャンプーには最適です。
しかも洗浄力が高いので、髪の毛についた汚れを落とす事ができます
それだけであれば、髪の毛にとっては良い存在なのですが、問題は洗浄力が高すぎて頭皮環境を守るために必要な皮脂を根こそぎ落としてしまうのです。
それにより、頭皮は乾燥し肌荒れが起きてしまいます。
頭皮環境が悪くなれば、紫外線や細菌など外部からの刺激によるダメージが著しくなりますし、結構も悪くなり髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなります。
その上、髪の毛にとって重要なタンパク質を破壊してしまうために、髪の毛自体にも損傷を与えるのです。
育毛のことを考えるのであれば、石油由来の界面活性剤ではなくアミノ酸など体に無害な成分から作られた界面活性剤を使用したシャンプーを利用することです。