薄毛と遺伝に関係はあるのか

薄毛と遺伝に関係はあるのか

薄毛と遺伝は関係あるといわれますが、それは、AGAと呼ばれる男性ホルモンによるテストステロンが5αリダクターゼという変換酵素によって、ジヒドロテストステロンに変わるために起こるため、5αリダクターゼの分泌量が多いか少ないかという点で影響しているためです。これは、母方の遺伝が大きいといわれておりますが、どちらかの親が5αリダクターゼの活性がある場合、子供にも現れます。
かといって、必ずしもそういった性質を受け継ぐというわけではありません。こうした性質で薄毛になる人は、全体で25%程度といわれており、どちらかがそういった性質を持っていたからといっても必ずしも受け継がれるというわけではありません。
しかし、育毛に影響を及ぼすものは、遺伝だけではないため、生活習慣、ストレス、頭皮環境の悪化など、薄毛になる原因となるものは多くあります。
普段からの育毛をするために、規則正しい生活を心がけたり、頭皮環境を整える、ストレスをためない、食生活を改善する、ヘヤカラーを控えるなど、普段からの心がけがとても大切になります。
こういった試みをしても効果がない場合には、ほかの原因も考えられるため、専門医の診断を受けることも必要となります。